”春いちばん 初窯展”レポート
         2月25日(土)〜3月5日(日)    










        ☆作品紹介は、”日だまり便り vol.14”です。

  長く厳しい冬の寒さの中
  絵筆を走らせ温められた作品が、
  今年初の窯の火により、
  生命を吹き込まれました。
        ・ ・ ・
  窓の外の厳しいけれど美しい冬景色を、
  ストーブの炎で暖かな仕事場から眺めながら、
  絵付けされた作品たち。
  春いちばんの縁起物。

   今年の春は、おひな祭りに雪が舞ったり、なんだかいつもと違うようすでしたが、
   私たちにとっては、たくさんいいことのあった”春いちばん”。
   まず、しっかりと作品が焼き上がったこと、そして、いろんなアイデアを実践できたこと。
   春の力は不思議です。むくむくと、やる気がわいてこさせられる。
   一方では、春野菜のように、ちょっとほろ苦い失敗もありましたが・・、どんまいです。


   
 さて、次回は恒例、『春の陶器市』。少しずつ、お喜びいただける作品作りを続けてゆきます。
   どうぞ、皆さま、お楽しみに☆〃
                                  ☆ ご来窯ありがとうございました ☆