<<前のページ | 次のページ≫

  2010 日 だ ま り 便 り vol.17
  

          
4月20日(火)   アトリエ『宿根草.』
             
〜THE JAPAN 桜と漆とたこ唐草展〜 レポート♪

               



「寒い。」ついついでてしまうこの言葉。
ですが、おかげか?今年の春は、
さくらをちょっぴりながくたのしむことができました。

ですが、釉薬をかける手もかじかみます。
そんななか、焼きあがった器たち、(上の写真。)
今年も春の陶器市、どうぞお楽しみにされてくださいませ。
(4月29日〜5月5日の開催☆です)

*  *  *

ところで先日やっと、福岡市内のアトリエ『宿根草.』さんへおじゃましました!
・・というのに、デジカメを忘れていってしまいました。
この日伺うと、「さっき、お客さまとお話していて、今日が昨年この土地に越してきてちょうど
1周年の日だってわかったんです!」と報告してくださいました。
おめでとうございます!

***
そして、有田焼「幸麓窯」の名前の入った新聞記事をちょうど郵送してくださるところ、
封をされるまえに直接いただくことができました!

すっごくとっても、心地いい空間でした。
アトリエへ続く坂道を登っていると、
「あ、あのおうち!」っと気づいてすぐに、
いい香りが漂ってきました。

道沿いの植え込みに、ハーブやつつじや小さな草花が
たくさん植え込まれていて、さすが梅崎さん!

ドアを開けると、いつものように、「ようこそ〜」と出迎えていただき、
わあ〜。と、玄関を上がるとすぐに見えるカウンター、
右手に広がるアトリエの空間、まさに癒しの空間だわー、と、
すっかりくつろぎモードに入ってしまいました。

大きなガラス戸越しに、広いお庭が見渡せます。
テラスにでると、芍薬や牡丹、咲き終わった八重桜の木、
最後の花びらをはらはらと散らすソメイヨシノ、などなどたくさんのお花と竹林。

アトリエ内には、ありました。
たこ唐草の大皿を重ねて、梅崎さんらしい春のうつわのディスプレイ。
うれしいです。
芍薬のやわらか〜な花びらとその色と、たこ唐草がお似合いで、
すっかりうれしくなりました・・。

たこ唐草のそば猪口でいただくゆず茶も、
美味しかった。ごちそうさまでした。

途中、漆をされているおじさまがみえ、
四国香川の話から、話題は讃岐うどんへ。。
なんと、「讃岐うどんを食べる会」がほぼ決定してしまいました。

(梅崎さんはバングラデシュの薬膳カレーなど、
いろんなお料理を食べる会も開かれています。)

モノと一緒に、もしかしたらそれ以上に、
作り手たちのこころを大切にしてくださる梅崎さん、
ココロもカラダもすっかり癒されたひとときでした・・。

end.

p.s.ちょうど中央広場で開催されていた、「九州ご当地グルメコンテスト」を訪れました。
小浜ちゃんぽんと、佐賀のシシリアンライスをいただきました、
どちらもおいしかったです。
・・ご当地ナンバーワンに輝いたのはどこでしょう!?




《過去のお便り 2009年》
 
このページでは、季節ごと、庭に咲いた花など、幸麓窯の今の風情をお届けします。
また、季節に戴きたいおやつのレシピなども、折々ご紹介してまいります。お楽しみに!
!