散 歩 道  

このページでは、私たちが日頃ふらリ訪れのんびり過ごす、
有田の町のかくれた(!?)名所をレポートします。
「なるほど・・・」なんて、気軽にお楽しみください。


<<前のページ | 次のページ>>
vol.12 初夏
”有田ポーセリンパーク”      

@
   語らい。

A
  6月です。暑いです。でも、昨日、今日、雨の後の景色は、山のみどりがとてもきれいです。深いみどり、黄みどり、うすみどり、鮮やかにくっきりと。黄砂でかすんだ風景が洗われて、気分まですっきり!です。

 さて、ここは有田ポーセリンパーク。(アクセスは、mapのページを見てくださいね。有田バイパスから、西九州道に向かう途中に左折の表示あり。まっすぐ進むと、入り口が見えます。入場無料!! お天気の良い日は、絶好の散歩道です。)

  

休憩。


  絵のようなアジサイ。

  食べる、食べる。
 いろいろなものがありますよ。もちろん、お土産屋さん。それに、酒蔵、パン屋さん。レストラン、バイキングレストラン。さらに進むと、有田ですもの、焼き物のお店。西洋風の建物に、和食器が置かれています。これがなかなか、いい雰囲気です。(写真A)もっと奥には、器作りを体験できる施設もあります。トンバイ塀も見られます。(有料ですが、土こね、絵付けが楽しめます。)

 なんといっても、目に入るのは、ツヴィンガー宮殿。(写真@:ドイツに実際にある宮殿の再現です。)宮殿の周りには、水が流れ、芝生には、花や木々の植え込みが整えられて、ベンチに座っていると、のんびり時間を過ごせます。西日の当たる頃がとてもきれい。
 
   さあ、かえろう。。

 この日、やっぱり夕方だったんですが、鴨たちの食事時に遭遇しました。道を渡りながら、地面をついばむ姿は、とても愛らしく、愛嬌たっぷりでした。

 その他、たくさんの施設があるはずです。近くにいると、なかなか全部見ないのですが、どうぞ、機会があれば、お天気の良い日にぜひいちど訪ねくださいね。
                                         2007.6.4

         散歩道 (vol.1 マイセンの森) (vol.2 陶山神社) (vol.3 有田歴史民俗資料館)
         (vol.4 李参平記念碑)(vol.5 九州陶磁文化館)(vol.6 有田でお花見)(vol.7 トンバイ塀)

         (vol.8 天童岩からの眺め)(vol.9 泉山の大銀杏)(vol.10 炎の博記念堂・歴史と文化の森公園)

         (vol.11 有田ダム)(vol.13 明星桜)(vol.14 里の秋)(vol.15 棚田風景とあじさい村)(vol.16 雛の町ある記)